カートボタン
FBボタン
トップボタン

お料理紹介

鮎料理

鮎には3つの旬がある! 解禁となる5月から6月頃の鮎は「若鮎」と呼ばれ、あっさりとしたさわやかな味です。まだ骨が柔らかく、頭から全部食べられるほどです。 7月から8月頃の鮎はまさに「盛り」。 十分に成長し、独特のコク、美味しさが味わえます。 9月になると早い物は卵を持ち始め、「子持ち鮎」の時期となります。 卵のプチプチした食感が楽しめます。 このように鮎は1シーズンに3つの味を楽しむことができます。 時期による味の違いをぜひ食べ比べてみてください。 当店の前身は「薮川やな」。 長年、根尾川に簗をかけて川原で鮎を炭火で焼いていた「やな」の味をそのまま受け継ぎ、注文を受けてから生簀から出し、串を打ち、炭火で焼いた鮎をご提供しております。

宴会

季節によって変わる旬の食材を吟味し、より美味しい料理を目指しています。 また、新しい試みも取り入れています。 「おか多」でお出ししているマグロは本マグロ(クロマグロ)。 冷凍していない生の本マグロを仕入れているので、味が違います。

法要

法要は親類、縁者の方々が集い、在りし日の故人を偲ぶ特別な日。 故人の思い出に浸り語り合う、ご供養の宴を心づくしのお料理でお手伝いさせていただきます。 当店の御法要のお料理は、お葬式や御法事では四足の動物は食べないという 風習(鳥は二足だから大丈夫)があるため、お肉料理を控えています。その点、お気になされない方はご予約時に言っていただければお肉料理を メニューに入れることもできます。

ジビエ

その他メニュー